金鮎漁が解禁になりました(^o^)
白神山地を源流とする赤石川に生息するアユは、魚体が金色を帯びていることから「金アユ」と呼ばれています。
赤石川に含まれる黄鉄鉱の成分がアユに吸収され、背や腹部を金色にするのではないかと言われています。
実際、赤石川上流には、花崗(かこう)岩が多く、これに黄鉄鉱が大量に含まれているそうです。
まだ小ぶりですが、塩焼きにするとめぇよー(*^。^*)

DSC04075